FC2ブログ
Culinary Arts Student's Cooking Journal
料理学校生の学習ジャーナル

卒業しました


ご無沙汰しております。 4月24日に無事卒業し、27日のフランス語の期末テストも無事終了したので、28日から5月14日まで、大阪へ里帰りしていました。 その時の様子は本館ブログに詳しく記録しています。  このブログは学校で学んだ事を中心にした記録目的でしたので、めでたく学校を卒業したので、これでクローズさせていただきます。  これからは、
  • 普段の出来事のブログは― 続・いつか虹の橋のたもとで にて
  • 作品写真集は― Pastry Chef Wannabe にて 更新します。 今まで訪れてくださった方々に感謝。 これからはパティシェへの道に励みます。 応援ありがとうございました。

    2009年5月
  • スポンサーサイト  
    --/--/-- (--) | Edit |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

                             
    ランキング参加 - クリックしていただけると嬉しいです
    にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ にほんブログ村 料理ブログ 調理師・栄養士へ

    --/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲
    Fall Term Has Begun  
    09/07/2008 (Sun) | Edit |
    Baking Certificate

    012.jpg


    9月2日から新学期が始まり、久しぶりに日記更新です。 学期始まりはかなりスローですが、今学期の私のハードスケジュールを此処に説明させていただきます。 今学期から仕事が入りました。

    授業

    Professional Cooking II - Classic European Cuisine
    週4日(月曜~木曜) 9時から2時30分の5時間半授業

    Elementary French
    週2日(火曜日と木曜日) 3時半から5時半の2時間

    仕事

    Introduction to Baking Fundamental - Lab Technician
    週2日(金曜日と土曜日) 7時半から2時半の7時間

    Roadrunner Food Bank (これはボランティア)
    週1日(水曜日) 3時から5時の2時間


    今までは月曜から木曜の料理の授業だけで、そのほかは何も科目をとっていませんでしたが、ヨーロッパ、特にフランス料理を学ぶにあたり、正しいフランス語の発音を勉強したいと思い、全く必須科目でもないのにフランス語を取ろうと決心したのでありました。 おかげで正しい発音は分かるようにはなったけど・・・正しく発音すればフランス語を知らない人には通じないと言う難点もあることが分かりました(苦笑)


    仕事の方ですが、1年前にすでに受けたベーキングの授業で、今学期から新たに週末の2日間だけの授業が教えられることになり、そのクラスの先生のアシスタントとして採用されました。 すでに私自身の大好きなテリトリーだから仕事と言えどとても楽しい。 勉強と仕事の大きな違いは、勉強は学校で学んで家でも勉強しないといけない。 これが仕事となると、職場で頑張るだけで、家には何も宿題を持ち帰ることが無いのでとても楽です。

    Roadrunner Food Bank とは、ホームレスの人たちや洪水や台風などの被害を受けてホームレス状態の人達に食料補給をすると言う奉仕団体で、週に2時間ボランティアすることとなりました。 これをする事で、ちょっとだけ現在の料理の授業の点数プラスにもなるのでした。


    従って毎日が学校、勉強、仕事で、お休みは日曜日だけとなりました。 おまけにProfessional Cooking は今まで受けた料理クラスでも一番宿題やレポートや読まないといけない文献が多いため、ますます自分の時間がなくなるのでした。 おまけにフランス語の宿題もあるし・・・ 発音難しい。

    まあでもえーわ。 もう学生も終わりに近づいてるし、好きなベーキングして学校から給料を貰えるんだから。 収入もわずかですが入ることで、ちょっとは家の中でも大きな顔できるかな?(笑) 


    1DSC05039.jpgこれ、何だか分かりますか? 鶏を解体したものですが、Airline Chicken Breasts(手羽を取り除いた胸肉) と Chicken Ballotine(モモと脚肉) と言うものです。 夏学期の初歩の料理コースでは、チキンを胸、脚、背骨に解体するだけでしたが、上級コースとなるとそれに加えてさらに何かやらかさないといけません。 

    Chicken Ballotine とは鶏の脚の先端部分の骨を切り落とし(この作業をFrench と言う)、その周りの肉を骨から離脱させ、内部も脚先端の1関節の骨だけを残し、後の骨と関節は丁寧に取り除き、たいていはこの中に何かスタッフィングを詰めて調理します。

    Airline Breasts とは鶏の胸肉のことで、手羽とササミを取り除き、脚の肉と同じく、内部の骨を丁寧に取り除いたものです。 これはこのままかまたスタッフィングを詰めて調理します。

    私は鶏肉の皮を触るのが大嫌いなのだ! 

    でも自分の成績が関わっています。 嫌いも何も言ってられない。 半べそ状態で作業終了。 この先にはもっと怖いことが待ってます。 町の精肉業のデモがあり、牛の半身を持ってきて、目の前で解体してくれるそうです。 失神しないだろうか? 吐かないだろうか? かなり心配です。

    先学期ではしませんでしたが、今学期は動物の内臓を扱ったり、色んな部位をまとめて挽いてソーセージにしたりなどなど・・・(滝汗) ちゃんとできるんだろうか? 心配です。
     
                             
    ランキング参加 - クリックしていただけると嬉しいです
    にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ にほんブログ村 料理ブログ 調理師・栄養士へ

    09/07/2008 12:52 | Cooking Certification | Comment (0) | Top▲
    Comments
    Submit Your Comment
    URL:
    Comment:
    Above buttons can be used to enhance your comment appearance.
    Definitions are (from left): Bold, Italic, Underline, Strike Out, Color, Graphic Icons

    Password: enter 4-digit numbers which can be used to edit your comment
    Private: Please use the mail form on the bottom right of this page for a private message.
     





    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。